Trust Tech Group がL&A社と提携、日越人材分野の発展に貢献

Vietnam:Le&Associates

日本の技術分野のアウトソーシングサービス会社Trust Tech Groupは、ベトナムの人材会社Le&Associates(L&A)社と協力関係を結ぶこととなった。これにより、L&A社が同部門で国内トップとなり、日本とベトナムの人材分野における発展が期待される。

L&A社、日越提携で収益増加見込む

11月上旬、ビジネスプロデュース会社のDream Incubator(DI)社は、所有していたL&A社の株式を売却することを決定した。この時点で、L&A社の株式は、2016年1月の出資時に比べ2倍。DI社が保有していたL&A社の株式約44%全ては、Trust Tech Groupに譲渡されることになった。Trust Tech Groupは、人材とアウトソーシングを専門とし、同ビジネスを展開するL&A社との関係はより密接になると見られる。

DI社とL&A社の法律コンサルタントMay Fountain M&A社は、この取引は双方にとって非常に意義のあるものだと評価する。2019年1月の本取引合意までの期間は、僅か9か月だった。

L&A社のPham Thi My Le代表取締役社長は「Trust Tech Groupとの協力により、弊社は収益増加はもちろん、事業をより積極的に進めることができます。また、弊社の発展は、Trust Tech Groupへの貢献に繋がるでしょう」と期待を述べた。

ロボット導入で業務効率化を実現

Trust Tech Groupの執行役員Yuichi Kamata氏は、「私たちはL&A社が持つビジネスパートナーモデルとそのテクノロジーに素晴らしい印象を受けました。L&A社はロボット技術の応用やリアルタイムでの業務効率化の管理など、世界の最新テクノロジーに遅れを取らず、常にアップデートと発展を進めています」と、L&A社をパートナーとして選んだ理由を述べた。

2001年に設立されたL&A社は、ベトナムの人材分野のトップ企業。毎年、Vingroup、Saigon Coop Group、Masanなどの国内企業を初め、Foxconn、Sanofi、Frieslands Campinaなどの多国籍企業に対して、人材リース、採用、評価、教育及びコンサルタントなど、150を越えるプロジェクトを手がけている。

L&A社は、人材が持つ知識や技術を効果的に発揮できるよう、テクノロジーの開発と応用を進めている。過去3年間で、独自のモバイルアプリケーションを駆使し、様々な問題解決に成功した。

さらに同社は、顧客はリアルタイムで効果的な仕事管理ができ、管理職や人事部の負担を軽減することができるプラットフォームを提供している。社員同士の結束強化や仕事能率向上を促進するツールだ。

My Le社長は、「2019年初めから、我が社のHRテクノロジーはさらに前進します。全国の社員1万人以上の給与計算にロボットを導入することで、負荷を65%軽減することが可能となりました」と述べた。

同社のパートナー企業は、ロボット導入により節約した時間や労力を、労働システムの管理、人材開発、サービスの質、顧客満足度の向上など、重要なプロジェクトに充てることができる。

越日人材協力のチャンス拡大

Trust Tech Groupの時価総額は、5億5,000万ドル(2018年11月21日時点)にのぼり、同企業は日本、イギリス、中国、香港、インドネシア、ベトナムに子会社を有している。

Trust Tech Groupの日本の大手取引先400社のうち、100社はベトナムに進出している。その中で、L&A社と取引のある企業は僅か5社。L&A社は、Trust Tech Groupの後押しを受け、これら日本企業と、できるだけ早い段階で関係構築に努める予定だ。

一方で、ベトナムに進出している日本企業の大半が、日本語を話し、日本の文化と会社環境に精通する人材を求めている。

Trust Tech Groupは、現在130人のベトナム人スタッフを抱えており、近いうちにスタッフの数を数倍に増やすとしており、採用活動を続けている。採用者は、ベトナムの労働市場のニーズに対応できる人材となるよう、日本で2~3年業務を行う契約となる。将来的に、こうした人材がL&A社のアウトソーシングや専門家採用分野において、優位性を高めることになる。

(Nhip Cau Dau Tu 12月10日,P.28~29)