東芝エレベータ、ホーチミン市に現地法人を設立

東芝エレベータベトナム

東芝エレベータ株式会社は、エレベータやエスカレーターの販売・設置・メンテナンス分野で事業を行うため、ベトナムに『Toshiba Elevator Vietnam Limited Liability Company』を設立した。

東芝エレベータ社は、2014年にベトナムに参入し、ベトナム企業のNew City Technology Trading Service社(NCE)とのビジネス協力関係を通して、東芝エレベータとNCEは、ベトナムにおけるマーケティング・販売により事業を順調に拡大している。

東芝グループと東芝エレベータ社は、ベトナム市場で高品質な製品とサービスを提供し、販売を促進することで、成長性の高いこの分野でさらなる事業発展を目指す。

川崎市に本社を持つ東芝エレベータ社は1967年に設立され、70年代初頭から世界的な規模で事業を行っており、現在、東芝の社会インフラ事業において重要な役割を果たし、全世界でブランドを確立している。

(Tap Chi Cong Thuong Online 3月9日)