高くても需要があるベトナム・ホーチミン市の超高級マンション

ベトナムホーチミン高級マンション

ベトナムにおける複数の不動産専門家によると、ホーチミン市1区と2区のThu Thiem新都市区では、今後これまで建設され、現在売りに出されている高級マンションよりもさらに高級なマンション建設プロジェクトが展開される予定だという。

現在ホーチミン市で売りに出されている高級マンションの価格は1m2あたり5,000~1万ドルで、その多くが1区、2区、3区などの市内中心地に位置している。

最近、多くの高級マンションプロジェクトの価格とその仕様がホーチミン市内で紹介された。例えば、Novaland社によって進められるMadisonプロジェクトは短期間で完売したという。ここは88m2の部屋が150億ドン(7,500万円)で、1m2あたりの価格は7,500ドルになる。

同社は1区中心地において、1,000戸を有するThe Grand Manhattanの建設も進めている。まだ正式な価格は明らかにされていないが、同マンションの1m2あたりの販売価格は6,000ドルからと予想されている。

1区Cong Quynh通りのAlpha Cityプロジェクトは、1m2あたり8,000~1万ドルの価格帯で紹介されているが、これは暫定的な価格で、正式な値段はまだ確定していない。この価格で積算すると、プロジェクトで最も安い部屋が110億ドン(5,500万円)で、最も高い部屋は450億ドン(2億2,500万円)になるという。

不動産サービスを展開するJLL Viet Namの資料によると、2018年に進められた5件のプロジェクトのうち、1m2あたり3,000ドル以上する1,743戸の高級マンションがホーチミン市に建設されており、その数は昨年よりも3.6%増加している。

しかし、2018年に売りに出された新築マンションの総戸数は4,813戸で、2017年に比べて45.7%減少している。こうしたデータから、庶民向けマンションの供給数が徐々に減少していることがわかる。

新しく誕生する高級マンションの分譲価格は昨年と比べると34%も上昇しており、1m2あたり3,546ドルから1万ドルまでとなっている。

JLL Viet Namによると、これらのプロジェクトの共通した点は、ホーチミン市1区の中心地に位置しており、利便性と高級なサービスを兼ね備えている。

不動産専門家は、2019年にホーチミン市には1万戸を超える高級マンションが誕生すると見込まれており、その多くのプロジェクトはすでに建設の承認を受けているか、すでに建設が始まっているという。

現在進行中のプロジェクトの分譲価格高騰と、高級マンション建設は2019年もとどまることを知らない。また、これらの高級マンションの供給に対しての需要も十分なものだという。

実際に需要があるとは言え、こうした高級マンションを求める客は、プロジェクトの開発者や投資主に対して非常に多くの要求をするという。こうしたことから、超高級プロジェクトに対しては、立地、利便性、高級感といったもの以外に、不動産専門家は、住民が通勤時間を節約し、さらに快適な生活を送れるような企画・提案が求められていると話す。

(CAFEF 2月15日)